和歌山県病薬について

会則

第1章 総則

第1条 本会は和歌山県病院薬剤師会と称する。
第2条 本会は和歌山県下の病院、診療所等に勤務する薬剤師をもって組織する。
第3条 本会の事務所は、理事会で決定する。 支部の事務所は、支部長が決定する。

第2章 目的及び事業

第4条 本会は和歌山県内の病院、 診療所等に勤務する薬剤師の連絡を強化し会員の資質の向上と学術的水準を高め、病院、診療所等業務一般の進歩発達を図り地域社会の保健衛生の増進に寄与することを目的とする。
第5条 本会は前条の目的を達成するための次の事業を行う。

  1. 会員の職能の向上と待遇改善に関すること。
  2. 会員の教育と研修などに関すること。
  3. 病院、診療所等薬剤部(薬局)の施設、設備の充実と運営の改善向上に関すること。
  4. 関係諸官庁、諸団体との連絡協議及び法規通達の周知徹底に関すること。
  5. 機関紙の発行及び広報に関すること。
  6. 会員相互の親睦に関すること。 7.その他目的達成のために必要な事項。

第3章 会員

第6条 本会の会員を分けて、正会員、特別会員及び賛助会員とする。
第7条 正会員は、病院、診療所等に勤務する薬剤師を以て成る。
第8条 正会員は、一般社団法人日本病院薬剤師会(以下、日本病院薬剤師会)の正会員となる。
第9条

  1. 正会員は本会所定の会費を支払う義務を負う。
  2. 会費の額は総会において定める。
  3. 既納の会費は理由の如何を問わずこれを返還しない。

第10条 正当の理由なくして会費の納入を6ヶ月以上怠り且つ、催告に応じない者は退会したものとみなすことができる。
第11条

  1. 特別会員は転、退職等により正会員の資格を失ったものであって本会が別に定める会費を納める個人とする。
  2. 賛助会員は本会の目的に賛同した団体又は個人とする。

第12条

  1. 本会に名誉会員をおくことができる。
  2. 名誉会員は本会に特に顕著な功績のあった者のうちから理事会の推薦と総会の同意を得て会長が委嘱する。

第13条

  1. 会員に本会の名誉を毀損し、又、本会の目的趣旨に反するような行為があったときは総会の決議を経て除名することができる。
    ただし、総会は議決の前に弁明を与えなければならない。
  2. 前項の規定による除名は出席者の3分の2以上の賛成を得なければ行うことができない。

第14条 この章で定めるもののほか会員に関し必要な事項は細則で定める。

第4章 役員

第15条 本会に次の役員をおく。
会長1名 副会長4名以内 理事15~20名以内(会長、副会長を含む、理事1名は会計を担当する)監事2名
第16条

  1. 会長は本会を代表し会務を総理する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長が事故あるときはその職務を代行する。
  3. 理事は会長及び副会長を補佐し会務を分掌する。
  4. 監事は本会の会務及び会計を監査する。
  5. 監事は毎年その監査の結果を総会に報告しなければならない。
  6. 理事及び監事はこれを兼任することができない。
  7. 支部役員の職務を細則に定める。

第17条

  1. 会長及び監事は正会員による無記名投票により選ぶ。
    ただし、総会の議決を得て別段の方式によることができる。
  2. 副会長及び理事は正会員のうちから会長が指名する。
  3. 前項の指名は総会の承認を得なければならない。

第18条

  1. 役員の任期は2ヵ年とする。 ただし、再任を妨げない。
  2. 補欠により就任した役員の任期は前任者の残任期間とする。
  3. 役員は任期満了後も後任者の就任するまではその職務を行う。

第19条

  1. 本会に顧問を置くことができる。
  2. 顧問は総会の承認を得て会長が委嘱する。
  3. 顧問は会の運営に関し会長の求めに応じ随時意見をのべることができる。 その任期は委嘱した在任期間とする。

第20条

  1. 本会に日本病院薬剤師会代議員と日本病院薬剤師会補欠の代議員をおく。
  2. 日本病院薬剤師会代議員は日本病院薬剤師会の定める数とし、日本病院薬剤師会補欠の代議員はそれと同数とする。
  3. 日本病院薬剤師会代議員と日本病院薬剤師会補欠の代議員は正会員のうちから選出する。
    選出方法については、会長及び監事の選出方法に準じる。

第5章 会議

第21条 会議を分けて、総会及び理事会とする。

第1節 総会

第22条

  1. 総会は通常総会及び臨時総会とする。
  2. 通常総会は年1回会長が召集する。
  3. 会長は必要と認めるときは臨時総会を招集することができる。
  4. 正会員の5分の1以上、もしくは監事の連名又は、理事会の決議により会議に附議すべき事項を示して臨時総会を召集すべき旨の請求があったときは会長はすみやかにこれを召集しなければならない。
  5. 会長が正当な理由なく前項の請求があった後2ヵ月以内に総会召集の手続きを行わないときは、請求者は総会を召集することができる。

第23条 次に掲げる事項は総会の議決又は、承認を得なければならない。

  1. 会則の変更
  2. 事業計画
  3. 事業報告
  4. 決算
  5. 解散
  6. その他本会の運営に関する重要な事項

第24条 総会は正会員現在数の3分の1以上が出席しなければ開会することができない
第25条 止むを得ない理由により総会に出席できない正会員は他の正会員を代理人として表決を委任することができる。
この場合において表決の委任者は総会に出席したものとみなす。
第26条

  1. 総会の議長、副議長は正会員の出席者より1名選出される。
  2. 総会の議決及び承認は出席正会員の過半数により決する。
    可否同数のときは議長が決する。 ただし、会則変更については、出席正会員の4分の3、 解散の決議をするには総会員の3分の2以上の同意を得なければならない。

第27条 総会の召集は少なくとも開会の15日前までに開会の日時及び場所を書状をもって通知しなければならない。

第2節 理事会

第28条

  1. 理事会は理事半数以上が出席しなければ開くことができない。
  2. 理事会は会務を処理する機関であって会長は随時必要な場合にこれを召集し、その議長となる。
  3. 理事の過半数又は、監事から理事会の召集の要求があったときは会長はできるだけ早く召集しなければならない。
  4. 理事会の必要な細則は別に定める。

第29条

  1. 次の事項は理事会の議決で決める。
    (イ)総会の召集及びこれに附随する事項
    (ロ)正会員から委任された事項
    (ハ)総会の開く暇のない場合における緊急な事項
    (ニ)その他重要な会務
  2. 前項(ハ)号の議決事項は次期の総会において承認を受けねばならない。

第30条 理事会の議決は出席者の多数による可否同数のときは議長が決める。
第31条 監事は理事会に出席して質問し、又、意見をのべることができる。 ただし、表決に加わることはできない。

第6章 会計

第32条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。
第33条 本会の経費は、会費・寄附金及びその他の収入をもって当てる。
第34条 各会計年度において剰余金が生じたときは翌会計年度に繰越すものとする。 ただし、総会の議決を経てその全部若しくは一部を積立金とすることができる。
第35条 使途を決めて寄附された金品はその用途に用い、それ以外のものは総会に諮って使途を決める。

第7章 会則の変更

第36条 この会則は総会において第26条第2項のただし書に規定する手続を経なければ変更することはできない。

附則 この会則は、昭和37年12月1日施行
昭和50年5月20日改正
昭和52年10月22日改正
昭和53年6月10日一部改正
昭和63年7月 2日一部改正
平成元年6月17日一部改正
平成6年5月21日一部改正
平成21年5月30日一部改正
平成23年5月28日一部改正
平成25年5月25日一部改正

和歌山県病院薬剤師会細則

第1章 会員

第1条 正会員は氏名、住所、勤務先に変更を生じたとき、又は、会員の資格を失ったときは本会に届けなければならない。
第2条 正会員が退会しようとするときも前条に準ずる。
第3条 名誉会員は終身とし、会費の納入を必要としない。
第4条 名誉会員、特別会員は総会に出席することができる。 但し、表決に加わることはできない。

第2章 運営

第5条 本会に、総務部・会計部・学術部・広報部の4部を置く。
第6条 各部長は副会長の中より会長がこれを委嘱する。
第7条 会計部には副部長を置き、部には部員を置くことができる。
第8条 会計部副部長は理事の中より、部員は正会員の中より会長がこれを委嘱する。
第9条 本会の事業を達成するため、各種部に委員会を置く。
総務部・・・・総務委員会、中小病診委員会、精神科病院委員会
薬剤管理指導業務委員会、薬学教育委員会
学術部・・・・学術委員会、生涯研修委員会、医薬情報委員会
広報部・・・・編集委員会
第10条 委員会には委員長、副委員長、委員を置く。委員長、副委員長、委員は正会員の中より会長がこれを委嘱する。
第11条 本会の事業を達成するため、必要に応じて理事会の承認を得て、特別委員会を置くことができる。また、廃止することができる。
第12条 特別委員会の運営については、委員会の運営に準じる。

第3章 支部

第13条 本会は和歌山県下を地域的に分割して次の支部を置く。

  1. 中央支部
    紀北地区より有田地区までの地域
  2. 紀南支部
    日高地区より西牟婁地区(すさみ、串本地区を除く)までの地域
  3. 南紀支部
    すさみ、串本地区より東牟婁地区までの地域

第14条 支部長は会長が指名する。 但し、会長が兼任することができる。
第15条 支部長は支部運営の責任者となる。 支部長は支部において特に重要な事項を議決したとき、又は、支部所属会員に異動があったときは会長に報告せねばならない。
第16条 支部長は正会員のうちから支部役員として幹事若干名を委嘱することができる。

第4章 会費

第17条 本会の会費は所定の額を年会費として納入するものとする。

  1. 正会員    12,000 円 (日本病院薬剤師会年会費含)
  2. 特別会員  12,000 円 (日本病院薬剤師会年会費含)

第18条 支部運営費として支部よりの要求があった場合、相当金額を運営費として交付する。
第19条 会費の納入期限はその年度の6月末日までとする。

第5章 役員

第20条 補欠役員の選出は、転、退職した役員と同じ病院、診療所等の正会員中より選出する。
尚、これが不可能な場合は隣接の病院もしくは診療所等より選出する。

第6章 出張旅費

第21条

  1. 本会の役員が会議に出席、若しくは会務により出張するときは旅費を支給する。
  2. 旅費は通常の経路及び方法により出張した場合の旅費により計算する。 ただし、1,000 円未満の端数を生じたときはこれを 1,000 円とする。
  3. 日当は支給しない。 ただし、宿泊費は1泊 10,000 円とする。

第7章  選挙

第22条

  1. 本会は会則第17条に基づき、会長、監事、日本病院薬剤師会代議員、日本病院薬剤師会補欠の代議員の選挙の公正を期するため選挙管理委員会を置く。
  2. 委員の数は5人とし、理事会の議決を経て会長が委嘱する。
    委員に事故あるときは、補充選任する。
  3. 委員会は委員長を互選により定める。
  4. 委員長は委員会を主催する。

第23条

  1. 正会員は会長および監事、日本病院薬剤師会代議員、日本病院薬剤師会補欠の代議員の候補者になることができる。
  2. 候補者になろうとするものは、委員会に届出なければならない。
  3. 届出は文書で行い、候補者となる者の住所、氏名、年齢、略歴を記載し、署名捺印しなければならない。
  4. 会員が他の会員を推薦しようとするときは、会員10名以上の連署より正会員を候補者に推薦することができる。 前項3の他に候補者の承諾書を添え、委員会に届出なければならない。

第24条

  1. 委員会は選挙期日40日前までにこれを告示しなければならない。
  2. 候補者届出の締切は選挙期日20日前とする。
  3. 委員会は立候補届出締切後、資格を審査し、候補者を定め、会員に通知しなければならない。

第8章  表彰

第25条 本会は、会員について表彰を行うことができる。
表彰は別に定める表彰規定により行う。

第9章  改廃

第26条 本細則の改廃は、総会において行うことができる。

平成 8年6月 8日一部改正
平成18年5月27日一部改正
平成20年5月31日一部改正
平成23年5月28日一部改正
平成25年5月25日一部改正

 

更新日:2013年06月28日