和歌山県病薬について

令和元年度事業計画

医療の高度化や高齢化が進み薬剤師を取り巻く環境も大きく様変わりし、近年、薬剤師が担う役割は大きなものとなっております。そのため薬剤師は薬学的管理に基づいた個々の患者に対する最適な薬物治療の提供と、医療の安全確保への貢献が基本的な使命として期待されています。しかし、地方では薬剤師の地域偏在により薬剤師不足となっており、地域によれば存続の危機に直面しているところもあります。

このような環境の下、一般社団法人和歌山県病院薬剤師会は、本年度の目標として「最適な薬物治療の提供と医療の安全確保」を掲げ、下記の事項について取り組みたいと考えています。

本年度の取り組みは、次の9項目と致します。

1)病棟業務の充実とチーム医療の推進

2)病院薬剤師の人員数を確保

3)病院薬剤師による医療の質の向上と医療安全の確保

4)新人薬剤師の研修の充実

5)新モデルカリキュラムに準じた薬学生実務実習の実施体制の確立

6)日本病院薬剤師会と連携した認定薬剤師、専門薬剤師の育成

7)病院薬剤師の学術向上を目的とした日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度の研修企画の充実

8)災害発生時の和歌山県や日本病院薬剤師会との連携による医療支援体制の構築

9)和歌山県薬剤師会など各種団体との連携強化

ここに挙げた重点項目を中心に、下記に示す通りの事業計画について、委員会を中心に推進し、会員の皆様の御協力のもと、医療を取りまく環境の変化に対応しながら病院薬剤師職能の確立を目指して本会を運営していきたいと考えております。

1.医薬品の安全対策の推進

(1)医薬品の安全使用のための業務手順書の改訂

(2)医薬品の安全使用のための業務手順書による医薬品安全使用の充実

(3)医薬品安全管理責任者の研修

(4)薬剤師への医療安全に関する教育

2.薬剤師養成のための薬学教育への協力

(1)薬学教育協議会病院薬局実務実習近畿地区調整機構委員会との連携の強化

(2)実務実習指導者の育成

(3)新モデルカリキュラムに準じた長期実務実習の実施体制の確立

3.認定薬剤師、専門薬剤師の育成

(1)日本病院薬剤師会と連携した認定薬剤師、専門薬剤師の育成

(2)他学会による認定薬剤師、専門薬剤師の育成

(3)認定薬剤師・専門薬剤師養成のための研修会の企画の検討

4.組織の強化

(1)会員資格の検討

(2)会員増加への対策

(3)中小病院・診療所薬剤師の連携の強化

(4)療養型病院薬剤師の活動と連携の強化

(5)精神科病院薬剤師の活動と連携の強化

(6)会員と事務局の連携の強化と充実

(7)他府県の病院薬剤師会との連携の強化

(8)和歌山県薬剤師会との連携の強化

(9)電子メディアによる会員相互のネットワークの構築

5.会員への情報伝達の強化

(1)「和歌山県病院薬剤師会ホームページ」による迅速な情報伝達

(2)「日本病院薬剤師会ホームページ」による迅速な情報伝達

6.薬剤業務の改善と充実

(1)入院患者に対する薬剤管理指導業務の完全実施の推進

(2)病棟薬剤業務実施加算とチーム医療関連の推進

(3)注射剤調剤(癌化学療法を含む)の実践と普及

(4)医療事故防止対策における薬剤師のとりくみとその参画

(5)プレアボイド報告制度の普及

(6)診療報酬に係わる薬局業務の見直しと検討

(7)在宅医療における病院薬剤師の取り組み

7.学術研修活動の充実

(1)和歌山県病院薬剤師会学術大会、スキルアップ研修会の実施と内容の充実

(2)日本病院薬剤師会病院薬学認定薬剤師制度に基づく和歌山県病院薬剤師会研修会の実施

(3)Web中継による研修会の充実とさらなる拡大

(4)県病院薬剤師会・県薬剤師会との合同研修会の実施

(5) 近畿2府4県病院薬剤師会の研修会への相互受入の実施

(6)各種団体が主催する学会、研修会、学術講演会等に対する参加と協力

(7)専門・認定薬剤師の単位習得のための支援

8.広報活動の充実

(1)会誌内容の充実

(2)ホームページによる広報活動

9.日本病院薬剤師会の活動への協力

10.日本病院薬剤師会近畿ブロックにおける6府県病院薬剤師会との連携強化と近畿ブロック活動への協力

11.地域保険医療活動への貢献・県民に薬の理解を得るための啓蒙事業の実施

(1)市民フォーラムの企画

12.県薬剤師会が推進する医薬分業への取り組みに対する協力

(1)県薬剤師会の支部と連携した研修会の開催

(2)後発医薬品使用促進についての協議等

13.関係機関との連携

(1)関係官庁との連絡強化

(2)県薬剤師会との連携強化

(3)医療関係団体との連携強化

 

 

更新日:2019年06月17日