薬剤師の仕事

調剤・製剤

医師の診察を受けると、その病気の治療や予防のために処方箋が発行されます。その処方箋に記載されているお薬を病院内の薬局から受け取ったり、院外の調剤薬局に処方箋を持って行き、お薬を受け取ったりします。

処方箋を受け取った薬剤師は、処方箋の内容について、薬の重複や飲み合わせ、量、飲み方などの様々なチェックを行い、患者さん一人一人に適した形で調剤します。
また、薬は市販されているものを調剤することが一般的ですが、必要に応じて、軟膏や注射剤など病院独自の製剤を行っています。

   

更新日:2012年12月06日