薬剤師の仕事

注射薬の調剤

注射薬は一般的に内服薬に比べて効果が強く、その使い方には特に注意が必要です。注射薬も内服薬と同様、薬剤師がその専門的な知識を生かして、個々の患者さんの注射せんを確認し、投与量や投与期間、混合する注射薬同士の相互作用などのチェックを行い、注射薬の払い出しを行っています。

また、最近では、薬剤師による注射薬の無菌的混合調製が行われている病院も増えてきています。

更新日:2012年12月06日